がんばっている転職する活動でやること

転職する活動で「自分は今までにこういった種類の仕事をしました」「過去の仕事では、こういったスキルを身につけることができました」と過去の自分の成功体験やセールスポイントを強くアピールする人は少なくありません。しかし、転職希望するその組織で「させてもらえるのならばこういったことをしたい」「これこれの事なら貢献できるに違いない」と未来の話をして自身を売り込むほうがはるかに効果的だったりします。

励んでいる転職する活動中に、「今までずっとこういう職場・・

励んでいる転職活動の際に「私はこれまでこのような仕事を長く続けました」「これまでにこういったスキルを身につけることができました」と過去の自分自身の経歴をよく伝わるようにアピールしようと考える人はよく見かけます。しかし、転職先となる再スタートを図る企業で「近い将来こういったことをしたい」「斯くの如き業務なら貢献したい」と将来のプランで自分をアピールしていくほうがよっぽど効果があります。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。


転職活動の際は、前もって、求人雑誌を閲覧したりしてその会社のことをチェックするのですが…

転職をする際は、あらかじめ、ハローワークの求人票や求人雑誌を閲覧したりして関心のある会社をチェックするはずです。しかしながら、その会社が情報を掲載する際には、コンサルタントが主導していることが多いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す傾向があります。たとえ公表する場合でも曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そういった社長の方針や社員の感想に関しては、半信半疑で聞いている方がいいです。仮に書かれていたことを信じて入社してしまった場合、予想とは全く違うとあとになってから後悔しかねません。たちの悪い会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は、言いがかりをつけながらいかにして辞めさせないようにするか画策しています。ブラック企業では、この手のことが多いです。


転職活動をしていると、面接で絶対に尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動を行っていて必ず質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機については、隠さずに話してもかまいませんが、これと違って転職理由についてストレートに話すのはよくありません。転職理由でよくある給料の不満、同僚や上司とのイザコザ、職場内での問題点など、採用担当者によいイメージを持ってもらえるものではありません。もっとも、自分の得にならないことを馬鹿正直に話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しやすいので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。これに対抗して不満を言わずにうまく答える方法として、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。そのあと、この会社に入ってこんな貢献をしたい、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、そのために御社を選択しました、と未来志向な志望動機に変えていきましょう。


タイトルとURLをコピーしました