消防団と報酬

消防団

消防団員の報酬は、2つあります。
団員報酬
市町村により違いますが、年間3万5000円位です。
出動手当
出動手当は、市町村により違います。私は、直接もらっていないので金額はわかりません。
火災出動・台風などの災害時の詰所待機・お祭りの警戒・防災訓練・火災予防警戒巡回・装備の整備などの行事でもらえます。
しかし、活動した人数分は出ません。上限があります。2人分しか出ない行事に6人活動しても、2人分しか出ません。だからといって2人しか活動しないことはしていません。その時活動できる人、全員で活動します。

お金に関しては、個々の消防団の部によって事情は違います。
私の消防団は、令和2年度から団員報酬は個人の口座に振り込まれるようになりました。
部は消防団の末端の組織です。部には詰所と呼ばれる建物があり、そこに消防車が保管されています。私の部は9名で活動しています。
私の部は、団員報酬を部で集めています。出動手当は部に入ります。
このお金で消防団の部の運営をしています。
みなさん、ボランティア精神で活動しています。

最近の傾向は、「個人に報酬が支払われない」と問題になっているみたいです。
私は、元からボランティアしたいと思って入団したのでお金はいらないと思っていました。
しかし報酬が欲しいという方もいるのでしょう。その気持ちもわかります。ボランティアとしては負担は大きいです。入団してみてこれほど行事が多いとは思っていませんでした。
そのため報酬は個人の口座に振り込まれる傾向にあるようです。事務作業や振込手数料も増えますね。もったいないと思います。
消防団運営が苦しくなった所も多いのではないでしょうか。
消防団員は飲み食いしているだけ、いらないなど否定的な意見も聞かれます。

多くの消防団員は、真面目に活動しています。

タイトルとURLをコピーしました