仕事を辞めたいと言えない。知恵袋のアドバイスは?

退職代行

仕事がつらくてやめたいのに言えないあなた。
yahoo知恵袋のアドバイスはどうなのでしょう?

ベストアンサーに選ばれた回答

回答している人の中で、ネタだと思うのですが、 真面目に答えると、「辞表」はまず、書きません。 辞表を書くときは、貴方が何か不祥事を起こしたか、 貴方が役員かの何れかです。常識あるなら 「退職願」を出しましょう。 どうしても上司に伝えられないのなら、人事に伝える方法も ありますが、これは社会人としてマナー違反であることは 覚えておきましょう。 更に、それも嫌で、会社に顔を出したくないと言うのなら、 有給が14日(土日含めて)残っていれば、本日中に退職願と 有給届けを出して、14日後に辞めることにして出社しなくても 法的には問題ありません。 (法律では退職に当たり、14日前告知が 労働者へ義務付けられています) 有給が無く、出社しない場合は出社拒否になりますので、 貴方が退職願を出したとしても退職理由に「懲戒免職」となる 可能性もあります。その場合、離職票に記載されますので、 次の職場へ勤める際の足かせになるでしょう。 貴方がそこまで嫌がる企業ですから、隙を見せる 辞め方をすれば、相手もそこを突く様な嫌がらせを してこないとは限りませんよ。 後は、精神内科にでも行き、「欝っぽい」など 演じて、医師から休職するような診断書を貰い、 それを盾にして翌日から行かない・・・という方法も あります。

そのほかの回答

書類は退職願のみです! 上司に言いたくなければ人事に直接言えば良いです! 又言わなくても退職願だけで良いですよ!

もし、精神的な病気を患っていれば、その診断書も辞表と同封するといいと思います。 あと、保険証は返さなくてはいけないでしょう。 その際に文面にて、「何か記入する書類などがあれば、自宅まで郵送してください。記入次第返送します」と書いておけば、顔を合わすことはないと思います。

その上の上司とか人事部に相談するとか。

上司の机の上に、辞表を出しておけばよいですよ。

私からのアドバイス

近年、ブラック企業という言葉が使われるようになってきましたが、それだけ企業が労働者に求めるものが高度にかつ過剰に責任を負わせるようになってきている証拠です。

立場的に弱い労働者に過大なノルマ・過剰な責任・サービス労働の強要などが常態化してきています。

誰もが知っている有名な大企業でも、中小企業でも、組織同士の間でも強者が弱者に対してブラックな体質が多くなってきています。

ブラックな体質な環境で働いていると、一緒に働いている仲間の間でも優位に立っている人がマウントを取って弱者を攻撃します。

責任感が強い・真面目な人ほど悩んで自分を責めてしまいます。要領よく生きられる人がうらやましく感じます。

私も20代のときに悩みました。仕事を辞めたいと思ってもなかなか言えず、親には反対されて八方塞がりの状態になりました。

そんな状態を長く続けると体調を崩します。毎日、体調が悪くなって心は鬱状態になり、本当につらい日々を送りました。

人は簡単に鬱になります。しかし簡単に治りません。私の場合は心の不安が体の不調になって現れました。

毎日四六時中、おなかが痛くなり、病院へ行っても何ともないと言われます。逆に何か病気が見つかってほしいとまで思う異常な精神状態になりました。

結局、最後は仕事を辞めました。その後1年間は仕事ができない状態でした。

それから20年、幸い新しい職場では尊敬できる先輩社員に出会い仕事を学びました。50代になりましたが20代の頃の経験が「あの頃のつらさに比べればたいしたことない」と思えるようになり強くなりました。

しかし、20代の頃に崩した心の安定は今でも安定しないです。心の安定は簡単に崩れます。しかし元に戻るのは困難です。

頑張ることも必要ですが、程度の問題だと思います。逃げることも必要です。健康を壊したら何にもいいことはありません。

周りを変えるのは困難ですが、自分を変えることは可能です。今の仕事がつらければ辞めましょう。仕事はたくさんあります。あなたに合った仕事に必ず巡り合えます。

仕事を辞めたいと言いづらいと思いますが、ここは自分のことを第一優先にして勇気をもって辞めたいとあなたの意志を会社に伝えましょう。

本当に、どうしても言えないという人には、退職代行という方法があります。近年注目されているサービスです。

多くの人が利用しています。決して特別なことでもないし悪いことでもありません。ぜひ参考にしてください

会社を辞めたいのに辞めさせてもらえない。どうすればいいの?【弁護士法人みやび】はあなたの退職を代行します

「新卒で就職したばかりだけど、辞めたいと言えない」退職を代行します【東京労働経済組合】の退職代行ガーディアン

最後に、決して命を捨てる選択肢は選ばないでください。
つらいときは相談してください。
厚生労働省電話相談窓口

タイトルとURLをコピーしました