消防団員不足深刻です

消防団員不足深刻 総務相 全国自治体に処遇改善を要請へ | NHKニュース
【NHK】地域の消防団の担い手不足に歯止めをかけるため、武田総務大臣は、全国の自治体に団員の処遇改善を求める考えを示しました。

地域の消防団の担い手不足に歯止めをかけるため、武田総務大臣は、全国の自治体に団員の処遇改善を求める考えを示しました。

消防団は、地域で火災が起きたときの初期消火や災害時の避難誘導などを担っていますが、2年連続で1万人以上の減少が見込まれるなど、担い手不足が深刻な問題となっています。

武田総務大臣は、記者会見で「団員の確保のためには報酬や出動手当の額を引き上げるなど、処遇の改善が重要で、地方自治体には大幅に増額してもらいたい」と述べ、近く全国の自治体に要請文を出す考えを示しました。

そのうえで、武田大臣は「総務省消防庁に、処遇などに関する実態調査を早急に行い、抜本的な対策を検討するよう指示した。団員確保のためあらゆる対策を講じていきたい」と述べました。

NHKニュース

お金で団員を増やすと、お金目的の人が集まってきてトラブルが増えると思います。
消防団だけでなく自治会なども担い手不足になっています。
地域のコミニティの活性化をどうすればよいのか、団員同士でも話し合っています。

タイトルとURLをコピーしました